日本糖尿病協会

医療スタッフの方へ

教育制度の概略

Last Update:2018年1月24日

教育制度の概略

糖尿病カンバセーション・マップ 教育制度の概略

糖尿病カンバセーション・マップ委員会委員

エキスパートトレーナーであり、且つ、ファシリテータートレーニングの経験が豊富で日糖協理事長が認定した者。1名の委員長を置きます。2年の任期制で、再任を妨げません。

エキスパートトレーナー(ET)

役割

  • カンバセーション・マップ委員会が立案した開催計画に基づき、ファシリテータートレーニングを企画・運営する。

認定要件

  • 理事長の推薦を受け、Healthy interactions社が実施するETトレーニングを修了すること。その後、理事長によりETとして承認を受ける。
  • 5年の更新制

※マップおよびその他療養支援に関する学会発表や論文発表をそれぞれ1回以上行い、且つ、ファシリテータートレーニングを10回以上担当した者を候補者とします。

トレーナー

役割

  • ファシリテータートレーニングでファシリテーター教育を担当する。
  • トレーニングの企画・運営にあたるETを補佐する。

認定要件

  • すべてのマップのファシリテータートレーニングを受講していること
  • マップ実施後の「振り返りシート」を5枚以上*提出していること
  • トレーナーアシスタントを3回以上経験していること
  • 参加したトレーニングのET2人以上からの推薦状を得ること

募集

  • 毎年1~2月にトレーナー候補者を募集する。(ETからの推薦も同時期に募集)

認定

  • マップ委員会が認定し、理事長からの認定証を授与。5年の更新制

更新要件

  • 5年間に5回以上、ファシリテータートレーニングでトレーナー業務を担当すること
  • 5年間に3回以上、トレーナートレーニングを受講すること

※5種類のマップすべてについて振り返りシートが必要

トレーナーアシスタント(研修生)

役割

  • ファシリテータートレーニングにおいてエキスパートトレーナーの指導の下、トレーナー業務を研修する。

参加要件

  • 「糖尿病とともに歩む」のマップトレーニングを修了していること
  • 振り返りシートを5枚以上提出していること

※日糖協事務局への事前申込制、受講料不要、交通費実費支給(上限5,000円)

ファシリテーター

糖尿病カンバセーション・マップを用いて療養支援を行う医療従事者のことを指します。ファシリテータートレーニング修了者には、日本糖尿病協会から認定証が授与され、マップを正しく使用し、糖尿病患者さんやその家族、パートナー、友人などに適切な効果を導き出すことができる者として認められれます。

更新について

  • 上記、エキスパートトレーナー、トレーナーは5年の更新制ですが、H28年度以前の有資格者は、H28年6月1日をもって、次の5年の開始日とします。したがって、次回の更新日はH33年6月1日となるため、それ以前に規定の研修を終了しておくこが必要です。
  • 更新をできなかった者は資格を失います。ただし、やむを得ない事情が生じることも考慮されるため、更新できなかった者で各資格の継続を希望する者は、日本糖尿病協会へ問い合わせください。

例1 海外留学、病気、出産などで所属機関への勤務が長期にできなかった場合
例2 天災などで更新の時期に申請ができなかった場合
例3 更新のための条件を満たすことができず1年延期することで更新の条件を満たすことができる場合(ただし、次の認定期間は4年となります)

このページの先頭へ