日本糖尿病協会

医療スタッフの方へ

トレーニング

Last Update:2019年4月22日New

ファシリテータートレーニングに「合併症」マップが仲間入り

平成30年度のファシリテータートレーニングから、「糖尿病合併症」マップも扱うことになりました。トレーニングに参加すると、「糖尿病とともに歩む」「糖尿病とはどんな病気ですか?」「食事療法と運動療法」「インスリン注射」「フットケア」「糖尿病合併症」の6枚のマップを使って療養支援を行うことができるようになります。ふるってトレーニングにご参加ください。

トレーニング概要

ファシリテータートレーニング

糖尿病カンバセーション・マップを使って療養支援を行うには、日本糖尿病協会が実施するファシリテータートレーニングを受講し、ファシリテーターの資格を取得する必要があります。ファシリテータートレーニング受講後は、認定証が授与されます。

CDEJ認定更新のための研修単位2群2単位が取得可能です。

受講料は、15,000円です。

平成30年3月末までにトレーニングを受講した方で、「フットケア」「糖尿病合併症」のマップをお持ちでない方は、再度ファシリテータートレーニングを受講してください。その場合の受講料は、5,000円です。
また、平成25-27年度に実施した「イントロダクショントレーニング」でSTEP1(「糖尿病とともに歩む」のマップ)のみ受講した方は、ファシリテータートレーニングの受講により、残りの5枚のマップを入手することができます。その場合の受講料は、10,000円です。

遅刻および早退は認めず、認定証は授与されません。ファシリテータートレーニングを再受講してください。再受講時は、受講料は免除されます。

なお、ファシリテータートレーニングにご協力いただける施設からの参加者には、受付業務等のお手伝いをお願いすることから割引制度を設けています。詳しくは、日本糖尿病協会事務局までお問い合わせください。

フォローアップトレーニング

ファシリテーターの質の維持と向上を目的として、原則、年2回実施します。トレーニングは1日で行われ、実施最低人数は特に設けません。受講料は10,000円で、臨床心理的トレーニングを中心に行い、コミュニケーションスキル向上を目指します。

CDEJ認定更新のための研修単位2群2単位が取得可能です。

糖尿病カンバセーション・マップ トレーニングの流れ

■受講要件

ファシリテータートレーニング受講者は、下記の要件を満たす必要があります。

ファシリテータートレーニング受講資格

必須条件
  • 日本糖尿病協会会員
  • 糖尿病カンバセーション・マップを用いた療養支援を実施できる者
  • 下記認定者の中で医療法による糖尿病療養指導の実施が可能な医療者
下記いずれかの認定を有する者
  • 日本糖尿病療養指導士
  • 地域糖尿病療養指導士
  • 糖尿病病態栄養専門管理栄養士
  • 病態栄養認定管理栄養士
  • 慢性疾患看護専門看護師
  • 糖尿病看護認定看護師
  • 慢性疾患看護領域における修士号または博士号取得者
  • 糖尿病専門医
  • 糖尿病専門医研修開始同意書を提出した認定内科医
  • 日本糖尿病協会登録医・療養指導医
  • 日本糖尿病協会登録歯科医
  • 保健師

  • 臨床心理士

     

フォローアップトレーニング受講者は、下記の要件を満たす必要があります。

  • 日本糖尿病協会が認定したマップのファシリテーターであること
  • 5年の認定期間中であること
  • ファシリテータートレーニングおよび過去のトレーニングにおいて、「糖尿病とともに歩む」「糖尿病とはどんな病気ですか?」「食事療法と運動療法」「インスリン注射」「フットケア」の5つのマップを受講していること
  • 日糖協が定める振り返りシート*を3枚以上提出すること。*振り返りシートは、受講しようとするフォローアップトレーニングの日程から遡り過去5年間に実施した糖尿病カンバセーション・マップに関して記載する。ただし、「糖尿病とともに歩む」のマップに関する振り返りシートを1枚以上含むこと

受講申込み

  • 各講習会とも最低実施人数は原則20名です。
  • 開催2週間前の時点で20名に達しない場合は、トレーニングは原則、中止または延期いたします。その際、お申込みいただいた方々には日本糖尿病協会事務局よりご連絡します。

     

  1. 上記のボタンを押して、オンラインフォームからお申込みください。
  2. 参加登録の受付完了後、自動返信メール(受付確認)が送られます。
  3. さらに、後日開催確定後に参加費とその決済方法についてメールにてご案内いたします。
  4. メールでのご案内に従って、参加費の支払い手続きを行ってください。参加費のお支払いをもって、申込み受付完了となります。

※E-mailは、ファシリテーター専用ページのID・Passの通知および、その他連絡に使用します。携帯メールは不可とします。(受講に必要な連絡・資料等のやり取りが困難になる場合があるため)

問い合わせ先

日本糖尿病協会事務局
〒102-0083
東京都千代田区麹町2-2-4 麹町セントラルビル8F
TEL : 03-3514-1721 FAX : 03-3514-1725
E-mail : office@nittokyo.or.jp

2019年度 トレーニング 開催スケジュール

日時 地域 場所 参加申込
5月26日(日) 山形県山形市 山形テルサ
※山形糖尿病療養指導士認定委員会 認定単位 6単位
申込
6月23日(日) 京都府京都市 京都大学医学部 杉浦地域医療センター 申込
7月14日(日) 東京都千代田区 日本糖尿病協会本部 申込

※現在決定している日程のみ掲載しています。決定次第ご案内します。

・トレーニングの開始時間は、9:30~16:30となります。
 地域によっては開始時間が前後する場合もありますので、
 後日お送りする開催案内を必ず確認してください。

・最低開催人数(20人)に満たない場合は、開催は原則キャンセルとなります。

【フォローアップトレーニング】

 ファシリテータートレーニング修了者のスキルアップのための講習会で、特にコミュニケーション・スキルの向上を目指し、「JADEC DMカルテット」を実施します。
受講には、「振り返りシート」を3枚以上の提出が必要です。
トレーニングの開始時間は、9:30~16:30となります。

日時 地域 場所 参加申込
2019年
3月17日(日)
東京都千代田区 日本糖尿病協会本部 終了

 

その他

 

  • 受講修了者にはトレーニングで学んだマップが貸与されます。
  • マップは原則1施設1キットですが、1施設に多数のファシリテーターがいる場合(5名以上)やファシリテーターが複数部署にまたがる場合(2部署以上、各部署に2名以上のファシリテーターが在籍)は2キットを貸与しますので、お問い合わせ下さい。
  • マップは大変高価なもので、再印刷などは簡単にできませんので大切に扱ってください。
  • トレーニングで学んだ以外のマップは使用できません。使用したい場合は、該当するマップに関するトレーニングを必ず受講する必要があります。所属施設に他のマップを貸与された方がいてマップがあったとしても、資格のない方がマップを使用すると特許に違反しますので、ご注意下さい。
  • ファシリテータートレーニングは、CDEJ認定更新のための研修会として申請され、2群2単位を取得できます。
  • その他、地域療養指導士認定更新のための研修単位としても認められることがありますので、各地域でお問い合わせください。
このページの先頭へ