日本糖尿病協会

患者さんへ

療養グッズ一覧

Last Update:2016年12月13日

療養グッズ一覧

日糖協の「療養グッズ」は糖尿病関連企業の協賛により、日本糖尿病協会が発行しているものです。無料で入手できますので、患者さんは主治医の先生にご相談ください。

受診先で入手できない患者さんはこちら

医療関係者の方の入手につきましてはこちら

(1) 糖尿病連携手帳

糖尿病連携手帳

検査値や治療内容、合併症の検査所見などが記録でき、地域連携として、病診連携の役割を担う手帳です。糖尿病と診断されたら、ぜひ携帯していただきたい自己管理のための手帳です。 (表紙は全部で4パターンあります)

  • 平成28年2月より「糖尿病連携手帳 第3版」を発行いたしました。「糖尿病連携手帳 第3版」の内容については、こちらのページをご覧ください。「糖尿病連携手帳 第3版」発行に伴い、改訂内容に対するパブリックコメントを募集します。

糖尿病連携手帳改訂についてのパブリックコメント募集

 

(2) 自己管理ノート

自己管理ノート

血糖自己測定をしている方に必携なのが、この自己管理ノートです。測定結果を記録していくことで、よりよい血糖コントロールに役立ちます。1冊で1年分記録できます。複写式になっていますので、複写部分は通院の際に主治医に渡してください。

 

(3) 糖尿病患者用IDカード(緊急連絡用カード)

糖尿病患者用IDカード(緊急連絡用カード)

糖尿病の患者さん、とくに薬物療法をされている方は、 常に身につけていただきたいカードです。 低血糖や交通事故などの緊急時に、 周囲の人や医療関係者に糖尿病であることを知らせ、 適切な処置を促します。 プラスチック製ですから、折れたり破れたりしません。 胸ポケットなどのわかりやすい所にいつも携帯して おいてください。

 

(4) 英文カード(Diabetic Data Book)

英文カード(Diabetic Data Book)

もし海外旅行の途中で病気やけがをしてしまったら, 英文カードはそんなときに役立ちます。 表紙には糖尿病患者であることが5ヶ国語で大きく書かれ ています。中面には、経口剤の服用やインスリン注射をして いる場合のその治療内容、合併症の状況などが記入できます。 出発前に主治医の先生に英文で書いていただきましょう。

 

このページの先頭へ