日本糖尿病協会

日糖協について

日本糖尿病協会賞受賞者

Last Update:2017年9月6日

平成29年度日本糖尿病協会賞受賞者

日本糖尿病協会では、毎年、協会活動を通じて日本の糖尿病対策に貢献された方々を表彰しています。
平成29年度の日本糖尿病協会賞受賞者をご紹介いたします

集合写真

アレテウス賞

日本の糖尿病対策に多大な役割を果たすとともに、日本糖尿病協会事業の推進に著名な貢献がある患者、または国内外における糖尿病医療への学術的貢献が顕著であり、かつ教育や患者会活動を通じた糖尿病治療や療養指導への貢献が著しい医療従事者へ贈られる賞

内潟 安子(うちがたやすこ)氏
南條 輝志男(なんじょう きしお)氏
〈和歌山ろうさい病院/医師〉

南條氏は、長年日本糖尿病協会の理事として協会活動の中心的な役割を果たしています。2005年に日糖協登録医・療養指導医制度を創設し、糖尿病専門医が存在しない地域でも患者さんが安心して糖尿病治療を受けられるよう、糖尿病を専門としない医師に対する治療の質の担保と標準化を図りました。また、学術的成果を背景に、エビデンスに基づいた療養指導の在り方をわが国に浸透させることに注力し、今日の日本糖尿病療養指導士(CDEJ)や地域糖尿病療養指導士(CDEL)の活動の基盤を確立したことで多大な貢献をしています。

ウイリアム・カレン賞

原則50歳未満の比較的若手で日本糖尿病協会事業を積極的に推進している医療従事者を表彰

赤司 朋之(あかしともゆき)氏
野見山 崇(のみやま たかし)氏
〈福岡大学医学部/医師〉

野見山氏は、日本糖尿病協会の幹事として、若手医師の視点から糖尿病協会の発展に向けた提言を行っています。平成28年の糖尿病連携手帳の改訂では、改訂作業に当たった幹事らのまとめ役として手腕を発揮し、患者さんが糖尿病とゆたかに暮らすためのサポートツールとしての役割を、連携手帳に付与することに成功しました。また、福岡県糖尿病協会においても、常任理事として市民向けの啓発活動や地域糖尿病療養指導士の育成事業などに携わり、活動が最も活発といわれる福岡県でその存在感を発揮しています。

功労賞

日本糖尿病協会事業の推進、地域組織の強化、会員増強など長年にわたり多大な功績を残した患者・医療従事者を表彰

古田恒雄(ふるたつねお)氏
定浪 哲郎(さだなみ てつろう)氏
 

定浪氏は、香川県糖尿病協会の理事を長年務め、香川県糖尿病協会の会長を平成14年から6年半にわたり務めました。日本糖尿病協会本部においても、平成16年から2年間、総務担当理事として活躍しました。この間、NHK健康クリニックや西日本地区糖尿病予防キャンペーンなどの市民向け啓発行事の開催に尽力するとともに、自らの体験を市民に語りかけて糖尿病予防の大切さを訴えました。現在でも、香川県糖尿病協会の相談役として、会員増強を目指して精力的に活動しています。

立川倶子賞

日本糖尿病協会の会員として、日糖協本部または都道府県糖尿病協会において糖尿病の啓発、療養支援、友の会活動などにしなやかな力を発揮する女性を表彰

中村慶子(なかむらけいこ)氏
岡井 明美(おかい あけみ)氏
〈国保日高総合病院/管理栄養士〉

岡井氏は、国保日高総合病院で地域住民の食事調査や栄養指導等に携わり、和歌山県糖尿病協会入会後は、県内全域に活躍の場を拡げ、世界糖尿病デーなどの糖尿病啓発活動で多大な貢献をしています。また、平成3年、1型糖尿病患児を対象とする和歌山つぼみの会設立と初めてのサマーキャンプ開催の際は、本賞の創設者である立川倶子先生の教えを受け、栄養士スタッフのリーダーとしてキャンプの運営に尽力しました。そして、現在に至るまで、その温かい眼差しで小児糖尿病の子ども達の療養支援に心を砕いています。岡井氏は、平成28年度療養指導士賞(管理栄養士)に続き、2年連続の受賞となりました。

JADEC Award for Excellent Diabetes Educator
日本糖尿病協会 療養指導士賞

糖尿病療養指導の発展に尽力している医療者(コメディカルスタッフ)を職種別に表彰する療養指導士賞の受賞者は、次の方々です。

看護師部門

肥後 直子(ひご なおこ)氏 〈京都府立医科大学附属病院〉

栄養士部門

渡辺 啓子(わたなべ けいこ)氏 〈九州中央病院〉

薬剤師部門

朝倉 俊成(あさくら としなり)氏 〈新潟薬科大学〉

理学療法士部門

横地 正裕(よこち まさひろ)氏 〈あさひ病院〉

臨床検査技師部門

夏目 久美子(なつめ くみこ)氏 〈岡崎市民病院〉

「アレテウス賞」「パラメデス賞」「ウイリアム・カレン賞」「立川倶子賞」「療養指導士賞(各部門)」は、7月30日(日)第5回日本糖尿病療養指導学術集会で表彰式を行いました。

受賞者のインタビューの模様はこちらでご覧ください。

小児糖尿病関連賞受賞者はこちら

このページの先頭へ