日本糖尿病協会

日糖協について

小児糖尿病関連賞受賞者

Last Update:2018年10月3日

小児糖尿病関連賞受賞者

小児糖尿病関連賞は、以下の方々の受賞が決まりました。

ガリクソン賞

小児期発症の1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)の患者で、一般社会、スポーツ、文化、科学、芸術などで活躍する者や、キャンプスタッフとしての貢献の著しい者

中畑 正子(なかはた まさこ)氏 (東北ブロック)
小島 基靖(こじま もとやす)
氏  (九州ブロック)

小児糖尿病功労賞

サマーキャンプの運営、小児糖尿病の医療等に原則として10年以上貢献のあった者

西村 一弘(にしむら かずひろ)氏  (関東甲信越ブロック)
浦上 達彦(うらかみ たつひこ)氏 (関東甲信越ブロック)
青野 繁雄(あおの しげお)氏  (近畿ブロック)
藤田 泰宏 (ふじた やすひろ)氏 (中国四国ブロック)

ライオンズクラブ国際協会335D地区3R-1Z (近畿ブロック)

中村学園大学 栄養科学部栄養科学科 (九州ブロック)

小児糖尿病関連賞の表彰式は、5月27日、日本糖尿病協会総会の際に行われました。
受賞者のコメントは、月刊「糖尿病ライフさかえ」2018年10月号(9月15日発行号)に掲載されています。

このページの先頭へ