日本糖尿病協会

日糖協について

小児糖尿病関連賞受賞者

Last Update:2019年8月8日

小児糖尿病関連賞受賞者

小児糖尿病関連賞は、以下の方々の受賞が決まりました。

ガリクソン賞

小児期発症の1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)の患者で、一般社会、スポーツ、文化、科学、芸術などで活躍する者や、キャンプスタッフとしての貢献の著しい者

田中 佑軌(たなか ゆうき)氏 (中部ブロック)
緒方 謙策(おがた けんさく)氏  (九州ブロック)

小児糖尿病功労賞

サマーキャンプの運営、小児糖尿病の医療等に原則として10年以上貢献のあった者

瀬下 明(せしも あきら)氏  (関東甲信越ブロック)
坂頭 節哉(さかがしら せつや)氏 (近畿ブロック)
国際ソロプチミスト北播磨  (近畿ブロック)
広島ロイヤルライオンズクラブ (中国四国ブロック)

阿比留 教生(あびる のりお)氏 (九州ブロック)

小児糖尿病関連賞の表彰式は、5月26日、日本糖尿病協会総会の際に行われました。
受賞者のコメントは、月刊「糖尿病ライフさかえ」2019年10月号(9月15日発行号)に掲載されています。

このページの先頭へ