日本糖尿病協会

日糖協について

調査研究

Last Update:2016年12月14日

日本糖尿病協会では、定款第4条(2)に定める「糖尿病の予防及び治療に関する調査・研究」業務の推進のため、さまざまな調査研究を実施しています。

アンケート調査・臨床研究

糖尿病の予防・治療・患者教育に関するアンケート調査や、診療に係る臨床研究を行い、糖尿病診療のためのエビデンスを獲得しています。

実施調査研究の内容

研究助成

日本人の糖尿病の予防・治療・療養指導に関する研究に対し助成を行っています。

日本糖尿病協会若手研究者助成

研究内容の審議

日本糖尿病協会では、調査研究の有益性を担保するために学術委員会における審議と、公平性と透明性を担保するために倫理委員会における審議を行っております。

学術委員会

学術委員会は調査研究のプロトコルを学術面から審議します。

委員長 山田 祐一郎 秋田大学大学院医学系研究科 内分泌・代謝・老年内科学
委員 石田 均 杏林大学医学部 第三内科
委員 貴田岡 正史 イムス三芳総合病院 内分泌・代謝センター
委員 佐藤 譲 東北医科薬科大学若林病院
委員 清野 進 神戸大学大学院医学研究科 分子代謝医学
委員 寺内 康夫 横浜市立大学附属病院
委員 矢部 大介 京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学

倫理委員会

倫理委員会は調査研究のプロトコルを倫理面から審議します。

委員長 朝比奈 崇介 医師 朝比奈クリニック
委員 渥美 義仁 医師 永寿総合病院 糖尿病臨床研究センター
委員 遠藤 直哉 弁護士 弁護士法人フェアネス法律事務所
委員 髙橋 一征 患者  
委員 中西 靖子 管理栄養士 JA長野厚生連篠ノ井総合病院 診療協力部栄養科
委員 山田 雅康 弁護士 山田雅康法律事務所

学術委員会・倫理委員会ともに「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(平成26年12月22日:文部科学省・厚生労働省告示第3号)についての講習会を受講しております。

このページの先頭へ