日本糖尿病協会

最新のお知らせ

平成30年度日本糖尿病協会賞候補者推薦

Last Update:2017年9月25日New

日本糖尿病協会では、毎年、協会活動を通じて日本の糖尿病対策に貢献された方々を表彰しています。
平成30年度の候補者推薦の受付を開始しましたのでご案内いたします。

平成29年度受賞者のご紹介はこちら

表彰対象・人数

1.日本糖尿病協会賞

1)アレテウス賞(1名)
公益活動を通じて日本の糖尿病対策の推進に著明な貢献がある患者、または国内外における糖尿病医療への学術的貢献が顕著であり、かつ教育や患者会活動を通じた糖尿病治療や療養指導への貢献が著しい医療従事者

2)ウイリアム・カレン賞(1名)
原則50歳未満の比較的若手で、糖尿病対策の公益活動を積極的に推進している医療従事者

3)パラメデス賞(1名)
原則50歳未満の比較的若手で、糖尿病対策の公益活動を積極的に推進している患者

4)立川倶子賞(1名)
糖尿病の啓発、療養支援、国際交流などにしなやかな力を発揮する女性

5)功労賞(若干名)
日本糖尿病協会の会員として、日本糖尿病協会事業の推進、地域組織の強化、会員増強など長年にわたり多大な功績を残した患者・医療従事者

2.日本糖尿病協会療養指導士賞

糖尿病医療の柱となる患者教育を推進し、日本の糖尿病療養指導の発展に著明な貢献があるコメディカルスタッフ

職種ごとに顕彰
看護師  1名
管理栄養士  1名
薬剤師  1名
理学療法士  1名
臨床検査技師  1名

3.日本糖尿病協会小児糖尿病関連賞

1)ガリクソン賞
小児期発症の1型糖尿病の患者で、一般社会、スポーツ、文化、科学、芸術などで活躍する者や、キャンプOB・OGとして小児糖尿病キャンプでのスタッフとしての貢献が著しい者 

2)小児糖尿病功労賞
小児糖尿病サマーキャンプの運営、小児糖尿病の医療や療養指導等に、原則として10年以上貢献のあった者 

※両賞合わせて地域ブロックごとに1~2名

推薦

日本糖尿病協会賞・日本糖尿病協会療養指導士賞

推薦者

資格は問わない

推薦方法

下記様式を日本糖尿病協会事務局まで提出する。

日本糖尿病協会賞推薦書
日本糖尿病協会療養指導士賞推薦書

推薦期日

平成29年12月25日(月)

日本糖尿病協会小児糖尿病関連賞

推薦者

都道府県糖尿病協会会長、小児糖尿病講習会責任者、その他関係者

推薦方法

下記様式を各地域ブロック事務局まで提出する。

日本糖尿病協会小児糖尿病関連賞推薦書

推薦期日

平成29年10月13日(金)

選考

日本糖尿病協会賞・日本糖尿病協会療養指導士賞

選考委員会にて選考の上、理事会で決定する。

日本糖尿病協会小児糖尿病関連賞

地域ブロックからの推薦に基づきインスリンケアサポート委員会が選考を行い、理事会で決定する。

表彰

各表彰の受賞者は平成30年度定時総会にて表彰する。

表彰式

功労賞・日本糖尿病協会小児糖尿病関連賞は平成30年度定時総会会場にて行う。
その他各賞については、第6回日本糖尿病療養指導学術集会にて行う。

このページの先頭へ