第11回日本糖尿病協会年次学術集会

Japan Association for Diabetes Education and Care

会長挨拶

この度、 2024年7月20日(土)〜21 日(日)の両日にわたり、国立京都国際会館(京都府京都市)にて第11回日本糖尿病協会年次学術集会を開催させていただくこととなりました。

質の高い糖尿病ケアを実践するには、多職種チームが個々の分野の最新の科学的知見をもちより、糖尿病のある人の心理・社会的要因に配慮しつつ、コミュニケーションスキルを駆使しながら、取り組むことが重要です。
そこで、第11回を迎える本学術集会では、「チームの学びを紡ぎ、実践する糖尿病ケアのサイエンスとアート」をテーマに、過去10回の学術集会で蓄積された様々な知識や経験を踏まえ、糖尿病ケアをサイエンス(体系化された知識)と、アート(スキル)の両面から今一度見つめなおし、わが国の糖尿病ケアのさらなる質向上を図るために日本糖尿病協会を中心に医療スタッフや企業、行政等が解決すべき課題、その解決策を議論できるよう、スモールグループ・ディスカッションや教育講演、スタートアップセミナー、ケース・カンファレンス、Meet-the-Expert、口演等を準備しております。

暑い夏の京都での開催となりますが、本学術集会が、皆様にとって実り多い会となりますよう、ご指導ご支援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。


第11回日本糖尿病協会年次学術集会
会 長  矢部 大介
岐阜大学大学院医学系研究科
糖尿病・内分泌代謝内科学/膠原病・免疫内科学

 

Copyright © Japan Association for Diabetes Education and Care All Rights Reserved.