ヘモグロビンA1cの国際標準化について

 2012年4月1日より、ヘモグロビンA1cの値は国際標準化され、NGSP値(National Glycohemoglobin Standardization Program:国際標準値)が採用されます。
 しばらくは、これまでのJDS値(Japan Diabetes Society:日本糖尿病学会値)も併記されますが、最終的にはNGSP値だけの表示となります。

 詳しくは、下記をご覧ください。

【資料】
  ・月刊糖尿病ライフ「さかえ」2012年3月号 記事 (PDFファイル)


 また、各種ダウンロード用のポスターやリーフレットもございますので、お役立て下さい。

【資料】
  ・患者さん用ポスター (PDFファイル)
  ・患者さん用リーフレット (PDFファイル)
  ・健診受診者向けポスター(カラー) (PDFファイル)
  ・健診受診者向けポスター(モノクロ) (PDFファイル)